プロバンサインが効かなくなったと感じている方へ

プロバンサインが効かなくなったと感じている方へは是非チェックしてみてください!
日本では多汗症の薬として知られているプロバンサインですが、常用していると効かなくなると感じる方がいるようです。
実際に常用していると本当に効かなくなるのでしょうか?

 

 

プロバンサインの効き目

 

プロバンサイン効かなくなったかどうかを検証する前に、まずプロバンサインの効き目がどのくらいあるのか見て行きたいと思います。
プロバンサインは効果を感じたい1時間〜1時間30分前に1錠を服用します。
普通の人であれば5時間程度、効き目が続くと言われています。また1日3錠まで飲むことができますが、3錠を一度に飲むことは危険と言われています。
また、効果の出方が人によって違うので、最初のうちは1日1錠を飲むことをお勧めします。慣れてきた、あるいは効果が感じられなかった場合にのみ増やしてみましょう。

 

プロバンサイン,効かなくなった

 

 

 

プロバンサインの副作用

 

プロバンサインの副作用は喉の渇き、排尿障害などが代表的です。
副作用を訴える人は多く、ひどい人だと物を飲み込めなくなるほどの渇きを感じる人もいます。
プロバンサインは効き目が高い分、副作用が出やすい薬なのです。焦らず、自分の体と相談して量を決めることをお勧めします。
副作用の多くは喉の渇き、尿が出なくなるなどですが、かなり症状が強く出る人もいます。これが続くと体に良い訳がありません。

 

 

 

 

プロバンサインが「効かなくなった」は嘘!

 

実は、プロバンサインは長期の服用で効かなくなるといったデータはありません!

 

長期的に服用して効果が感じられないと思う方は、おそらく汗が出ない状況に慣れてしまい、物足りなく感じてしまう方だと考えられます。本当に効かなくなった訳ではないのです。
長期に服用しても効き目が変わらないのであれば、長期で飲んでもらってもいいのですが、ただ副作用が強いため長期の服用はお勧めしません。日本ではプロバンサインは医師の処方でないと手に入りません。そういう薬と言うのは、何らかの理由があるのです。
プロバンサインを長期に服用しても多汗症などが治る訳ではありません。また副作用が長く続くと体に良い訳がありません。そう言った意味で、プロバンサインは長期的に服用せず、ここぞという時に飲むべきです。

 

 

プロバンサイン,効かなくなった

 

 

プロバンサインの代用として

 

プロバンサインが長期で服用できないならどうすればいいのか?

 

それならば体に優しい成分でできたデオドラント剤を代用すればいいのです。最近では天然由来の成分で作られたデオドラント剤も多く、評判が良い物もたくさんあります。例えばノアンデなんかは汗が抑えるのはもちろんのこと、ニオイのもとまでカットする優れモノです。プロバンサインの様に完全に汗を抑えるというのは難しいですが、できるだけ体に優しいものを使用した方が、長期的に考えても体の負担も少ないはずです。